Let's have fun life.

旅行記やレシピ、気になったことやおすすめしたいモノなどゆるーく書いていきます。

新婚旅行 in アメリカ 《国際線✈︎12/1》

◀︎◀︎国内線✈︎12/1

読んでくださった方ありがとうございます。


引き続き▶︎▶︎国際線✈︎12/1

覚えている限り書いて行こうと思います。




アメリカン航空🇺🇸

12/1 羽田 発 19:20
12/1 ロサンゼルス 着 11:30

  • 17時間の時差の関係で、

同日の12/1の昼間に到着予定です🤗

なんだか得した気分❤️



パスポートと航空券を見せ無事に搭乗✈︎


エコノミー席は3列、3列、3列の配列で
並んでおり旦那が窓側、真ん中に私、通路側には日本人女性が座っていたので




トイレへ行く時は席から立ち上がり通路へ出てもらわないと私や旦那が出られなかったのでなんだか申し訳なかったです。





ブランケットと簡易まくらは新品で綺麗なものが透明の袋に入っており、

無料で席に置いてありましたが私は
どちらも持参したものを使いました。







無事に離陸し

1時間も経たないうちに
楽しみにしていた1回目の機内食が提供されました。



ポークライスorシュリンプパスタ?
と周りに聞いていたので旦那と相談し2人ともポークライスにする事に。

CAさん(愛想の悪いハゲたおじさん)
↑この人だけ唯一日本語が通じる。

が来たのでポークライス2つと頼みました。








開けてみると…


🍤🍤🍤🍤🍤🍤🍤




シュリンプパスタでした🍝それも短くて太い方のおしゃれなパスタ。







私達はお腹がすいていたのと、

すでに胃がポークライスの準備しか出来ていなかったので



『ポークライス🐽頼んだんですけど!シュリンプパスタ来てるんです。』


と、そのCAさんに話すと




イライラした表情で、しかも謝罪もなく



フタの空いたシュリンプパスタを豪快に取り上げられました。(勢い良過ぎて親指がシュリンプパスタに入ってた)




まあ、すぐにポークライスが来たので
いただくことに!


左上から
•春雨サラダ風なものにハムが2枚
給食みたいな味で美味しかったです。

•マンゴーケーキ 私はひと口だけ食べて残しました。

•パン 固めでモソモソしてたけどマーガリンをつけて食べたら美味しかった。

•サラダ シーザードレッシングだったので美味しかったです。

•ポークライス 豚の生姜焼きみたいな味で隣にライスが少し。ニンジンと野沢菜みたいな辛い葉っぱが添えてありました。
味はコンビニ弁当のような味です。





なんだかんだお腹が空いていたので
マンゴーケーキ以外は完食しました♡





それから機内は消灯。


イヤホンをさし、iPhoneを充電



モニターで映画やドラマ、音楽を聴いたり
してのんびり過ごしました。





到着したら昼間なのですぐ活動するためには機内で寝ないといけなかったのですが、




全く眠れず!!!!




隣でアリスインワンダーランドを見ていたはずの旦那は爆睡。

寝つきが良くてうらやましすぎる、





結局私は1時間程、うたた寝程度の
軽い睡眠しかとれませんでしたが


初めての海外に興奮していたので元気いっぱい






そういえば、飛行機に乗ってからすぐに
iPhoneの時計をLAの時間に設定しました。


時差ボケや現地の時間にすぐ慣れるためには機内モードと同時に現地時間へ設定したほうがいいと

どなたかの旅行記に書いてありました。





うたた寝から冷めた頃にはAM 7:00を回っていました。



トイレへ行ったついでに歯磨きと洗顔をして


席に戻り、化粧ポーチを取り出し
薄暗い中化粧開始。



その頃の外の様子はこんな感じ
とっても綺麗なムラサキでした。


赤西仁の 『ムラサキ』 が頭の中で流れ、メイク完了。






到着予定時刻の約1時間前ごろになると
2回目の機内食が出されました。


2回目で分かったことは
毎回クリスタルガイザーの水がついてくるということ。


今回はフレンチトーストorチキンライスと聞かれたので迷わず夫婦共々チキンライスを注文。

今回は 一発でチキンライスが届きました。


•チキンライス チャーハンに唐揚げがのっているような味です。美味しかったです

•フルーツ盛り合わせ パイン ブドウ グレープフルーツ メロン

パインとグレープフルーツ以外ゲキマズでしたー!笑



外も明るくなりしばらくするとLAの景色が見えて来ました。





現地時間12/1 11:30

念願のLAへ到着しました。


ワクワクドキドキしながら
飛行機を降り、とりあえずみんなが歩いてく方へ着いて行きました。





しばらく空港内を歩くと行列ができている入国管理所に到着。




ロサンゼルスの入国審査は
APCと呼ばれる機械(キオスク)が、
設置されており、タッチパネルにて
パスポートを自分でスキャンして出てきた紙を持って

入国審査の列に並ぶ事になっています


その紙とパスポートを一緒に入国審査官へ出すという流れなのですが


まずキオスクでつまづく。


取り扱い言語に日本語もあり安心かと思いきや、旦那のパスポートがうまくスキャンされず



私のパスポートから先にスキャンする事に。

スムーズにスキャン完了。パネルの質問に『はい』か『いいえ』で答えるしくみ。



それからキオスクに着いているカメラで顔写真を撮影。


最後に指紋のスキャンをして、レシートのような紙が出てきました。




何度やっても、旦那のパスポートがスキャンされず困っていたら

従業員の女性が助けてくれました。

スムーズに全てのスキャンを完了



『ハンサム&ビューティフォー!』とガムを噛みながらケラケラ笑い立ち去って行きました。


空港内の従業員なのに、
態度も対応もなんて自由なんだ…
とびっくり。

さすが、自由な国、アメリカだ🇺🇸


それから入国審査の行列に並び
その頃にはPM 12:00を回っていました。


並んでいると

すぐに入国できる人

端へよけられている人

入国審査にとまどいしばらく入国審査官と質疑応答をしている人



そんな光景を目の当たりにして


不安でドッキドキ!!!




旦那と入国審査引っかかったらウケるよねーと会話しながら






いよいよ私達の番がきました…






NEXT!!!(次!)と言われ、


Hello〜と言いながら笑顔で



旦那がパスポートと先程のキオスクで出てきた紙を渡しました。





はじめにSister?と私を見ながら聞いてきました。




旦那に聞いていたと思うのですが

すぐに私がMy Husband. と答え
旦那が My Wife. と言い



審査官が 納得した表情で次に

How many days will your stay be?
と言ってきたので



6Days.と答えました。



それから私もパスポートと紙を渡して

指紋のスキャンとカメラで顔写真を撮られ



次に旦那が指紋のスキャンをしたのですがうまくできなかったのか3回もスキャンさせられていました。笑



審査官が首を傾げ


なんの説明もなく(まあ英語で言われてもわからないけど)


旦那だけ別室へ連行。






ん?


これはどうしたらいいのやら



入国出来ないのか!?!!!!!









何がなんだかわからず
Wi-Fiルーターも起動していなかったので機内モードのまま旦那との連絡も取れず




『どうしよう』と連行された部屋の前で突っ立っていると



外国人男性に英語で話しかけられました。
何を言っているのかわからず

your husband?だけ聞き取れたので


Yes! My husband!と言いながら人差し指で連れていかれた部屋を指差す私。



するとその男性はMy wife! と
その部屋を指差すので



あー私と逆パターンか!

と、心の中で納得。




すぐに違う英語が飛び交い

『 one hour 』と『waiting 』という単語が
聞こえたので1時間待っている!?!!?


ショックすぎて『えーまじかー。』と嘆く私。



するとすぐに黒人の女性審査官が私達の元へ来て

そこに立ってないで下で待ってろ的な
激しめのジェスチャー付きの英語で怒られたので



私達はしぶしぶエスカレーターを降りて、


ベンチへ座りました。



ベンチからの眺めがこちら



ちなみにこのエスカレーターを上がって右の部屋に旦那たちは監禁されていました。




他にもパートナーや家族を待っている人たちが何人も下に居ました。





とりあえず荷物受け取ろうと立ち上がり


荷物受け取りレシートをもって
荷物係員的な黒人男性にそれを見せ

Wher?(どこ?)と聞き、


身振り手振り付きの長い英語で
1つ向こうの左側だよ!と教えてくれたので、


Thank you. と作り笑顔で手を振りながら
ひとつゲートを抜け左側に歩いてみると本当に私達のスーツケースが置いてありました。



なんとなく聞き取れた単語で荷物を見つけることができて




感動しました私。




それから先程のベンチへ戻り


また居ましたさっきの外国人男性。
何回かロスに来たことがあるみたいで

何日いるのー?とかハネムーンなんだーと話したりどこいくのー?とかどこ泊まるのー?とか聞かれたりサンタモニカは綺麗だったよーとか教えてくれたり

他にも何か言っていたのですが、
私がわかったのはこの程度の文だけでした。



飛行機で寝れなかった為か眠気が
襲ってきて うとうとすること




3時間…


不安と恐怖と疲れでぐったりブルー。


時計を見ると 16:00 過ぎていました。




それから少し経った頃、

疲れた表情でエスカレーターから旦那が降りてきました!!


無事に入国出来たこと と
やっと会えたことなど まあ色々嬉しすぎて




強めのハグをしました。





まさに感動的な再会ですよ。
3時間も離れ離れでなんの説明もないんですもの



旦那がどうして引っかかったのかのは
なぞですが


お互いこの3時間をどう過ごして居たか
話しながら空港内を歩き、

お腹が空き過ぎていたので空港内のセブンイレブンへ。



ピザが魅力的に見えて2ピースプリーズと注文。カード支払いで簡単楽ちん。



まず、今考えるとセブンイレブンにピザが売ってるなんてびっくりですね。


空港を出てピザを食べながら🍕
タバコを吸いに外へ出ました。


夢のロサンゼルス〜❤️



というわけで、LAへ無事に入国ヽ(゚∀゚)ノ






今回のブログは機内の事と入国審査の事をメインで、書いたので画像が少なく字ばっかりで読みづらい記事になってしまいましたが

ここまで読んで下さった方、ありがとうございます。





引き続き▶︎▶︎ 《LA 1日目 2016.12.1》


時間のある時にまた更新したいと思うのでまた見にきてください。