Let's have fun life.

旅行記やレシピ、気になったことやおすすめしたいモノなどゆるーく書いていきます。

夢のロサンゼルス 🇺🇸初日《2016.12.1》

◀︎◀︎《国際線✈︎12/1》読んで下さった方ありがとうございます。


▶︎▶︎ 引き続き



《LA🇺🇸1日目❤️2016.12.1》

書いていきたいと思います。






無事に入国出来た私達は

ひとまず久しぶりの煙草でひと休みをし

ようやくイモトのWi-Fiを起動しました。






どの交通手段でホテルへ向かおうか…



空港の外でピザをむさぼりながら考える





本当は事前にHISにて
空港⇄ホテル
までの送迎を頼んでいたので

HISの係員の方が🚩旗やら持って
外で待っていてくれているはずだったのですが






どこにもHISの係員らしき人が見当たらず…





旦那が入国審査に引っかかり3時間もタイムロスしてしまったので帰ってしまったのかもしれない






ひとまず【 HIS ロサンゼルス 支店】へ電話をしてみることに。




私『送迎頼んでいた〇〇ですがどこにも見あたらないんです』




HISの人『何時間か待って電話も掛けさせていただいたのですが連絡がつかなかったので帰ってきてしまいました。』




私『すいません。旦那が入国審査に引っかかってしまって。Wi-Fiも繋げれず、ずっと機内モードでした。もう来てもらうことは出来ませんか?』



HISの人『すみませんが、出来ません。』






冷たっ。




まあアメリカンスタイルなので労働時間などにはきっちりしてるんだろうなとすぐ諦めましたが、


それにしても気持ちいいくらいあっさり断られたのでびっくりしました。







それから少し歩きuberという

配車アプリを使って車を呼ぼうとしたのですが

なかなか迎えにきてくれる車が見つからず


uberについては後ほど説明します





手っ取り早いタクシーで🚕ホテルへ向かうことに!









海外旅行ではタクシーに乗る際
ぼったくられるから注意するよう旅行記などに書かれていたので心配だったのですが


旦那が運転手に
ハウマッチ?と聞いていました、





『$60〜90』と言われたのですが、

(距離の割には少し高いかな?でも、渋滞を予測した金額なはず!)




疲れていたのと早くホテルへ行きたかったので まあいいでしょうと乗車する事に。





警戒度MAXで緊張していましたが、
気さくで優しい運転手さんで安心しました。


車内にNo smokingと書かれていたのですが




旦那が『Smoking OK? 』と聞くと

笑顔で『Oho…!Go a hed Go a hed!』
(たぶんどうぞって意味)

と言ってくれたので、


吸わせて🚬いただくことに

運転手さんが旦那の吸っている
セブンスターを欲しがっていたのであげると


ジャパニーズシガレット!
と言って喜んで吸っていました。






車内に No smoking と提示しておきながら運転手さんも一緒に吸ってくれる辺り
アメリカ🇺🇸は自由な国ですねー



タクシーに乗った頃には🚕
18:00を過ぎていました


すっかり日も暮れ夜のLA🇺🇸 の街を見ながらホテルへ向かいます。





事前に調べてはいたのですが、本当にロサンゼルスは渋滞がすごい。


例えるならGWの高速道路ですね。




だんだんホテルへ近づくにつれて
明るくなり、ビルやショッピングモール
など見えてきて興奮してきました。




空港からホテルまで距離的には30㎞くらいだったと思うんですが、渋滞していたこともあり、ホテルに着いたのは19:00すぎでした。






私たちが泊まったホテルは




ミヤコホテルという日本人観光客向けのホテルで



トイレにはウォシュレットが付いており、日本語の話せるスタッフが居るとの事で安心でした。


リトルトーキョーと呼ばれるアメリカ内
最大の日本の街がある場所に位置し

夜遅くまでやっているコンビニやレストラン、日本人向けの食堂やスーパーなどがたくさんあり、好立地でした。





1F ロビーの様子はこんな感じ

売店やカフェ、クロネコヤマトの窓口まではいっており


2F 3F には
バーやカラオケ、レストランも入っていました。



とりあえず受付へ行きパスポートとクレジットカードを提示。



海外旅行でホテルチェックインする際

身分証明の為にパスポートとクレジットカードの提示が求められることがあるそうです。



日本のホテル同様 サインと住所、電話番号を書いて、カードキーをもらいました。



エレベーターに乗り 7F へ




ツインダブルベッドでとても綺麗なお部屋でした。



ウォシュレット助かるなー。

洗面台も広くて使いやすいのですが、
日本のホテルと違い、歯ブラシは置いてありませんでした。



海外のホテルには歯ブラシが置いていないと事前に調べていたので持参して行き助かりましたが近くにコンビニらしき店にある程度のものは置いてあったので持っていかなくても良かったかな、


シャンプー、リンス 、固形石鹸
泡のハンド&フェイスソープは置いてありました。



もちろんドライヤーも付いていて

風力が強く自宅のドライヤーよりいい感じでしたよ。笑


バスタブもあり心配していたシャワーの水圧も問題なく使用できました




思ってたより部屋が広くて良かったので嬉しかったです。






チェックインやホテルで
困った事があった時やオススメの
ご飯屋さんや観光スポットなど

日本人スタッフが居てくれると気軽に
聞く事が出来るので

海外初心者の私たちにはとても助かったのでミヤコホテルオススメです。


他のホテルには日本人スタッフは配属されてないと聞いたので


もしLAを訪れる際、英語が話せるわけではないがツアーは嫌だ



という方にはオススメしたいです。






とりあえずシャワーを浴びて
夜ご飯を食べにダウンタウンの街を散策する事に。



ロビーにいた日本人スタッフさんに
夜歩いても問題ないのか聞くと

夜歩いても安全な場所を地図にマーカーを引いて教えてくれました。



いざ夜のLAの街へ🇺🇸




ホテルの迎えには居酒屋やラーメン屋さん

小さいスーパーもあり日本語が通じたので気軽に飲み物やお菓子などが買えて安心しました。



徒歩3分圏内にはスタバがあったのでキャラメルマキアートを2つ☕️テイクアウトしお散歩。






スタバで出会った外国人に道案内してもらい、綺麗なネオンスポットやリトルトーキョーへの場所を案内してもらいました。




名前を聞き忘れたのですがとても親切な方で優しくて助かりました。



それから少し歩いてリトルトーキョーを散策し、美味しそうなピザ屋さんを発見。



本日2度目のピザ🍕ですが迷わず店内へ。




サラダとピザのセットで$13程だったかと思います。

焼きたてのピザ🍕美味しかった〜❤️
サラダはシーザードレッシングでクルトンがのっていました。





リトルトーキョーには大きいクリスマス🎄ツリーが展示されておりXmasムード全開でした❤️🎅





予定では15:00にホテルにチェックインしてゆっくりダウンタウンを散策する予定だったのですが

夜遅かったのでホテルへ戻り就寝しました。




なんやかんやハプニング満載でしたが無事にLA🇺🇸1日目終了です。


▶︎▶︎引き続き

《LA🇺🇸 2日目❤️2016.12.1》

ビバリーヒルズ編〜



時間のあるときに書いて見たいと思います
読んでくれた方ありがとうございました。